研究

電気の測定を行なおう

工場

スペクトラムアナライザでは、測定したい電気信号を入力信号として測定機器に直接接続します。そのため、非測定回路とスペクトラムアナライザとの間で基準電圧に電位差が生じると、逆電流という現象が発生するので注意しましょう。

詳細を読む

信号を測定する機器

工場

スペクトラムアナライザは、通信機器や音響機器の製品開発の際に利用する計測機器です。通信機器や音響機器では多様な周期信号を取り扱います。そのため、製品開発を行なっている工場などで使用されています。

詳細を読む

安定した測定と処理が可能

スペクトラム

電気回路設計において、従来はアナログ信号処理方式によってさまざまな信号処理が施されてきました。しかし、アナログ回路をしようすると安定性に欠けているので不安定です。そこで利用すると良いのがスペクトラムアナライザなのです。

詳細を読む

安定した測定が可能

実験

今後開発される高性能、高精度演算回路の搭載によってより高精度の測定が可能になると予測されます。

特定の測定信号において、どれだけの周期性信号や雑信号が含まれているかをリアルタイムで測定するための計測機器です。従来のスペクトラムアナライザは、アナログ信号処理技術を中心に設計開発を行ってきました。そのため、測定精度や、計測結果の安定性に課題がありました。これは測定機器の内部回路がアナログ回路によって設計されていたため、その回路基板自体の安定性が測定結果に反映されてしまったためで、測定信号とは別に雑信号が混在した結果が出たりすることもありました。その後、デジタル信号処理技術の急速な発展と普及にともない、それまでのアナログ信号処理を行っていた電気回路のほとんどがデジタル信号処理を用いた電子回路へ移行しました。これによって、計測結果は安定した結果を得られるようになりました。今後は、スペクトラムアナライザの中心部に、さらなる高性能演算装置を利用することによって、現在以上に高速で高精度な測定結果を得られます。

スペクトラムアナライザ等、電気回路の測定では不慮の操作等による事故を防ぐことが大切です。

大きな注意点として、スペクトラムアナライザをはじめとする電気信号の測定機器において非常に重要なのは、非測定物と測定機器の間に電位差が生じてはいけないという点です。万一、お互いの回路間に電位差が生じた場合、逆電流が発生してしまうことになります。さらに、逆電流の影響を受けた回路側は、発熱や発火、電気回路や搭載している電子部品の破損等、非常に致命的なダメージを受けることがあります。一般に、計測機器においてはこのような万一の場合に備えて保護回路を搭載することが常識とされています。しかしながら、保護回路まで破損させてしまうような逆電流は、そのほとんどが測定方法のミスや操作方法の誤りによっておこるのがほとんどです。測定機器を保護し、事故を防ぐためにも、測定の目的はもちろん、測定方法や電気回路の基本的な知識を十分に理解して測定業務に当たることが大切です。

発達した技術を実感出来る顕微鏡を知ろう。

理科の実験などに利用する顕微鏡は現在、インターネットの通信販売などで気軽に購入できる様になりました。小さなものも精密に確認する事が出来るので企業などではかなり重宝しています。値段的に企業向けのものから一般家庭でも購入できるものまであるので目的に合わせて購入すると良いでしょう。

Copyright© 2015 顕微鏡でみる世界をチェック【通信販売で気軽に購入OK】All Rights Reserved.