研究

安定した測定と処理が可能

スペクトラム

スペクトラムアナライザはデジタル信号処理を利用する事で製品開発が容易になりました。

アナログ回路は非常に安定性に乏しく、計測機器の設置条件や、被測定物との接続による電位差の揺らぎや逆電流の発生など、さまざまな問題や課題を抱えてきました。やがて、デジタル信号処理技術が進歩し、アナログ回路を用いたデジタル信号処理技術を用いてさまざまな計測機器や制御機器が開発されました。しかしながら、アナログ回路を用いているために、どうしても問題解決までには至りませんでした。その後、半導体の設計、製造技術の発展に伴い、高速で精度の高い演算を行えるLSIが登場し始めました。これによってスペクトラムアナライザをはじめとする計測機器は一気にデジタル信号処理方式を採用するようになり、それまでの問題を解消させることができるようになりました。現在では、スペクトラムアナライザの内部構造は非常に簡素化されており、結果製品コストも安価で販売できるようになりました。

レンタルやリースによる借用によって、常に最新モデルの測定機器が利用できるようになります。

スペクトラムアナライザは、デジタル信号処理技術を用いた測定器で、電子機器の設計開発から完成品の動作確認まで、幅広い目的で利用する事ができます。従来のスペクトラムアナライザは、アナログ信号処理方式で設計されてきましたが、デジタル信号処理技術の発展と並行してスペクトラムアナライザの中心部にはデジタル信号処理による計測手法を取りいれた計測機器へと変化してきました。現在では、ほとんどがデジタル信号処理方式による測定手法を用いた製品になっています。今日、さまざまな電子機器が開発されていますが、その製品開発は常に高度化しており、それに見合った計測機器の利用は必須になってきています。そのため、測定機器を何度も買いかえるよりも、レンタルやリースによって短期間ながら、常に最新の計測機器を利用する事ができるようになります。そこで、最近では運用率の高い計測機器はリース契約を、短期間の利用ではレンタル契約によってその時の最新モデルを利用する事ができるようになります。

Copyright© 2015 顕微鏡でみる世界をチェック【通信販売で気軽に購入OK】All Rights Reserved.